無関心おにぎり。裏切りの猫。

私に懐いていた子猫が職場に来なくなってから秋が過ぎ、冬が訪れた。
あの子猫はどこに行ってしまったのか。
何となく寂しいのである。

そんなことはさておき、また新たな猫との出会いと、その猫に裏切られるまでの話を一つ。

最近、職場の近くにコンビニが出来たのである。
7と11のコンビニである。
私は仕事終わりにそのコンビニで煙草を吸いながら缶コーヒーを飲むのがいつからか習慣になった。
そんなある日、彼は居た。猫だ。
煙草を吸う隣で私のことをジッと見つめていたのだ。
物欲しそうな声でにゃーにゃー鳴いている。
はてな、と思う。なにか欲しいのだろうか。お腹でもすいているのか。いや、この鳴き声は確実に、例の職場で聞き慣れた何かをねだっている時の声だ。
私はコンビニに入りおにぎりコーナーへ足を運ぶ。
そして悩む。猫は、何おにぎりが好きなのか。うーむ、悩む。鮭?おかか?塩むすび?それともパンか?
全くわからない。そもそも猫はおにぎりを食べるのかすらもわからない。
とりあえず私は塩むすびを一つ買って店を出た。
袋の音に反応して、まさに『猫なで声』で私のそばへ寄ってきた。
塩むすびを開封して恐る恐る彼に与えてみる。
彼は少しづつ塩むすびを食べた。
よかった。ビンゴだった。塩むすびで正解(?)のようだった。
その日から彼を見かける度にコンビニで塩むすびを買い与えるようになった。
仕事終わりの珈琲を飲みながらタバコを吸う習慣にさらに一つ習慣が新たに加わった瞬間であった。

塩むすびを買い、食べさせる。

塩むすびを買い、食べさせる。

塩むすびを買い、食べさせる。

そんなことを連日繰り返していたある日、彼の異変に気付く。
例によって塩むすびを買ってコンビニを出て彼に与えてみたところ、食べなくなったのだ。
おや?と思う。
最初はお腹が減って居ないのだろうと思い食べる姿を見ることなく塩むすびを置いて帰っていた。
しかしその翌日も塩むすびを与えてみたが食べない。
その次にあったその日も食べない。
何故だ。
日に日に彼のおにぎりへの無関心の質が上がっていく。
観察を続けた結果どうやらおにぎりを食べないのはお腹が減っているどうこうの問題では無さそうなのである。
それは彼の態度を見ればよく分かった。
塩むすびに関心が全くと言っていいほど無くなっ ていたのである。ほんとうに、全く、なんである。
塩むすびに対する純粋な無関心である。
私がコンビニを出る、袋の音に反応してやって来る。しかし塩むすびを見た瞬間彼の関心は『無』に変わるのだ。
恐ろしい。そしてなぜか虚しい。
私は直ぐに察した。
彼は恐らく、『塩むすびよりいいモノ』を誰かに食べさせてもらっているに違いない、と。

塩むすびを与えることを辞めて暫くのこと、
私は仕事終わりに相変わらず珈琲を飲みながら煙草を吸っていた、隣にはもちろん彼がいる。
そして突然やってきたのだ『塩むすびよりいいモノ』を彼に与えていた犯人が。
犯人はコンビニから出てきた、カップルだった。
彼はそのカップルに対して私に向ける以上の素晴らしく素晴らしい、なんとも言えぬ猫なで声で近づいていった。
するとカップルの女性が
「おまたせ~」
と陽気な声で彼に『いいモノ』を与え始めたのだ。
そのいいモノの正体は缶詰であった。
彼は物凄い勢いで缶詰を食べ始めた。
私は天を仰いだ。
なるほど、缶詰、か。魚か。
彼にとって缶詰は塩むすび以上の価値であったらしい。(そりゃそうですよね)
女性の言った「おまたせ」には彼に対する親しみを感じた、つまり与え慣れているに違いなかったのだ。
私はショックだった。
ユダに裏切られたキリストの気持ちが少しばかり理解出来たのではないか。
今までの私の塩むすびはなんだったのか、私の塩むすびはカップルの缶詰によって全て上書きされたのだ。
この現象はアレだ、安心感や優しさを求めてたくさん連絡を取り合っていた寂しがり屋が新しく別の誰かに新鮮な優しさや安心感やそれ以上のものを貰いに何事も無かったかのように自分の元からどこかへ行ってしまう恋愛ごっこのそれと全く同じではないのか。

よくわからない悔しさが足の裏から脳天まで登ってくる。

ショック、虚しい、悲しい。それと同時にひとつまみの怒りに近い感情。。。

私はカップルの缶詰に負け(?)たのだ。

はぁ、猫というのは非常に正直だな。
彼にとって私は都合のいい塩むすびの人なだけだったのだな。

そう、改めて実感した冬の始まりであった。

塩むすびよ、もう君を買うことは無い。

 

白々しさ、冬。

口から漏れる空気が目に見える。
白い。目に見えて白い。なんだこの白さは。
秋の終焉のための冬なのか、冬の開場のための秋なのか。
金木犀の悲鳴が聞こえた。秋という季節が暴力的なまでに強制終了させられた、そんな今年の秋であるよ。
紅葉に風穴が開きそこから冬が弾丸のごとく突き抜けていき、その銃弾を追いかけるかのようにイルミネーションやサンタクロースやお年玉がゴロゴロゴロゴロと零れてゆくのだ。
残酷だなぁ。
ついこの間、『あけましておめでとうございます』と言ったばかりじゃないか。
年末という二文字を踏みしめながら、噛み締めながら、吐き出しながら。
然し、冬のために、冬になり、冬なんである。

 

ご都合主義。

都合の良い関係。というのがある。
都合の良い関係かぁ、そうか。
ならば都合の良くない関係とは何なのだろうか、というか、そんなものがあるのだろうか。あるとしたら縁の切れ目ではないだろうか。

結局のところ、世の中の全てが都合のいい関係性の永久的な連鎖で成り立っているのではないか。
自分に都合のいい選択を常に繰り返して生きる他ないのでは?

都合の良い異性間のあれこれについてもそうだ。
自ら進んで都合のいい関係という墓穴に喜んで頭を突っ込んで行く人ばかりではないか。
『付き合う』という行為も所詮都合のいい関係になるための手段なのだ。
「私はあなたが好きよ。あなたも私が好きでしょ?なら、お付き合いしましょう?友達以上の関係になりましょう?それがお互いにとって都合が良いでしょう?」
といった感じで、つまりは自分たちの都合のいいように付き合うのだ。
そして、都合が悪くなると別れるのだ。
とても単純なこと。
ただ、それだけの事なのに、なぜ『どうせ自分は都合のいい女/男なんだろう!』と嘆くのだろうな。


自らそれを望んでいたのではないか。


人はみんな、我儘だ。

 

そんな事を思う夜もある。

2017/11/16

読書灯が死んだ。  

 

夜の活字食べは暫くおやすみ。

 

買いに行かなくちゃ。

 

ニトリ

取り調べ的恋愛。

恋愛的に、人を好きになる事が滅多に無い。
こう、能動的に好意を抱く、またその感情が生まれて来る事をかれこれ何年間も経験していない。
私は、モテない。理解している。
だから、受動的な恋愛感情の作用があって徐々に好きになっていく。
というのがここ最近の自分の恋愛の形なんである。

自分にも、他人にも関心が無いんですよ、ほんとに。

然し、面倒なことに、異性、人を好きになったらとことん変態的なまでにその人のことを保存し尽くしたい欲に駆られるのだよね。
自明のこととして保存したくなくて同じことを何度でも聞いてしまうような部分がある。
好きな人の一回性を常に全力で記述したい、みたいな、ね。
例えば、好きな物、趣味、現在の恋愛から過去の恋愛まで全てを調書のように記述したい。出来るだけ具体的に、言葉で厳密に。

そしてそれらの質問を定期的に行いたい。

相手のことを突詰めて記述したり頭の中にそれらのことを置いておくとその人に近付けている感覚になるのだよね。
まぁ、所詮その感覚は「錯覚」なのだけれどね。
私はなにも無い人だから、その人で埋め尽くしておきたくなる。そこに安心を求めたりするのかも知れない。
『あなた性』に近付きたい欲。
それが私なりの恋愛なのだろうな。

まぁ実際恋愛とか、もうどうでもいいんですけどね。

今年のクリスマスは独りで居るよ。

アンハッピーメリークリスマス。

好奇心と下半身。

飛べない鳥のあざとい看板
女が歌うテーマがループするドのつく量販店にふら〜っと立ち寄ったのです。
店内を宛もなくグルグル。店員さんの作ったハイセンスなポップが目に入る。
そして、グルグル、グルグル。宛もなくグルグル、グルグル。
そして、辿り着く。2階の片隅にピンクの暖簾と『18禁』
ムムっと思う。大人の聖域発見。
好奇心がザワつく。
いざ、暖簾の向こうへ。
そして待ち構えるファンタジー。
すごくピンクピンク。おおっと唸る。
特に関心は無いのだが、とりあえず品揃えを見る。
AVAVAVオモチャAVAVAV電マAVAVAV...
その中で一際私の目を引く強烈なアイテムが一つあったのだ。
『勃鬼ドリンク』
非常に強そうである。
手に取り、成分表を見る。すると市販されている栄養ドリンクとなんら変わりのない内容な気がしてならなかった。
うーむ。どうなのだろうか。これを飲んだら下半身がおギンギンになるのか?世の男共はこれを飲んで彼女を喜ばせたりするのだろうか、等と考えていた。
次第に好奇心がとめどなく沸き上がってきた。
そして好奇心が絶頂に達した時には私はレジで会計を済ませてしまっていたのだ。
買ってしまったのだ『勃鬼ドリンク』を。
店を出る。
袋から徐ろに勃鬼ドリンクを取り出す。
喉も乾いていたし、飲んじゃえ。
と、思ったのである。馬鹿である。
蓋を開け、一気に飲み干す。
ふぅ...
味はよくある栄養ドリンクとほぼ同じである。美味しくはない。
私は鬱という症状を持ち歩き始めてから、一切の性欲が無くなってしまったのだ。
その事もありこの勃鬼ドリンクを飲んだら性欲が湧いてくるのだろうかという、所謂人体実験紛いのことを思い立ち購入してみたのである。

飲んでから30分経過。

変化なし。
ムラムラ無し。
勃起無し。

それからも下半身にはなんの影響もなく、ただ『栄養ドリンクを飲んだ感じ』が残っただけであった。

非常につまらぬ。

なるほど、私の下半身は男としてのやる気を本気で無くしてしまったようだ。
まぁ、今後の人生で性行為を行う気は無いので全く心配はしていない。男としてのプライドも無い。
気にすることは無い。

勃鬼ドリンク。
ネーミングセンスだけは100点だよ。

 

睡眠。

大人になるにつれて睡眠というものが不自由に感じられるようになった。
満足のいく睡眠、つまり快眠が見失われつつある。
というか、既に見失っている。
以前、酒を飲みながら友達と睡眠について話したことがある。
『今まで貯めてきた快眠の絶対量、その睡眠の貯金を切り崩しながらやっと寝ている様な感覚なんだよね。眠剤やお酒の力を借りて毎日、寝付くことに必死。満足に寝ることは二の次、みたいな。』
という事を友人に話したら頭をヘドバンのようにさせてわかるわかるという共感を得たのだ。
やはり、私と同じく友人も満足のいく睡眠が出来ていないようであった。
何故だろうな。
昔のように惰眠を貪りたい...
そこで、友人に勧められたのが『アロマキャンドル』である。
友人は寝付けない時にアロマキャンドルをつけて寝ているらしい。

「部屋にいい香りが漂って心が落ち着くんだよね、試してみたら?」と言うのだ。

気分の問題じゃないの。お酒の方が効くでしょ。
と思いながらも、先日アロマキャンドルを購入し試してみたのである。
この手のオシャンティーな物は普段から一切手をつけたことがないので現物を見たのもその時が初めてであった。

開封、実践開始。

アロマキャンドルに火をつける。

部屋の電気を消す。

ふむふむ。
これがアロマキャンドルか。

ふむふむ。

いい匂い。

ほーん。

しかし、、

落ち着くか?これ。

.........。

落ち着かないよ!

落ち着かない!

無理!

危ない!怖い!


私の性格上、アロマキャンドルは無理だということがモノの数分で理解出来た。

私は重度の心配症なのでアロマキャンドルの火が気になり過ぎて安心と癒しと睡眠どころでは無かったのだ。

アロマキャンドルの火を消した。
そして、その夜、私は酒と眠剤を飲んで、いつもの眠りに入ったのであった。

快眠は、難しい。